「*★☆★裁定クイズ★☆★」カテゴリーアーカイブ

#遊戯王裁定クイズ「マシンナーズ・メタルクランチ」の『③』のモンスター効果の処理時に、デッキに機械族・地属性モンスターが3体存在しない場合、処理はどうなりますか?

Question

マシンナーズ・メタルクランチ」の『③』のモンスター効果の発動にチェーンして、相手が「手札断殺」を発動しました。

手札断殺」の効果処理によってカードをドローした結果、自分のデッキに機械族・地属性モンスターが3体存在しなくなった場合、処理はどうなりますか?


マシンナーズ・メタルクランチ

カードテキスト
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。②:このカードの①の方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1800になる。③:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから機械族・地属性モンスター3体を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りのモンスターはデッキに戻す。
■『①』のモンスター効果は起動効果・誘発効果・誘発即時効果・永続効果のいずれにも分類されない効果です。
■『②』のモンスター効果は起動効果・誘発効果・誘発即時効果・永続効果のいずれにも分類されない効果です。
■『③』のモンスター効果は、フィールドで発動する誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。「マシンナーズ・メタルクランチ」自身が召喚・特殊召喚に成功した場合に、任意に発動する事ができる効果です。ダメージステップでも発動する事ができます。)
■『そのモンスター1体を手札に加え』の処理と『残りのカードはデッキに戻す』処理は同時に行われる扱いとなります。(どのカードが手札に加わったカードであるかを相手に見せる事はありません。)

カードテキスト
①:お互いのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送る。その後、それぞれデッキから2枚ドローする。
■対象を取る効果ではありません。
■ダメージステップに発動する事はできません。
■自分及び相手の手札が2枚以上存在し、自分及び相手のデッキが2枚以上存在する状態でなければ「手札断殺」を発動する事はできません。(手札から「手札断殺」を発動する場合には、自分の手札は発動する「手札断殺」以外の手札が2枚以上である必要があります。)
■『お互いのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送る』処理と、『その後、それぞれデッキから2枚ドローする』処理は同時に行われる扱いではありません。また、『その後、それぞれデッキから2枚ドローする』処理によるお互いのプレイヤーがドローする処理は同時に行われる扱いとなります。

続きを読む #遊戯王裁定クイズ「マシンナーズ・メタルクランチ」の『③』のモンスター効果の処理時に、デッキに機械族・地属性モンスターが3体存在しない場合、処理はどうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ ペンデュラムモンスターカードが破壊される際に、2体の「星刻の魔術師」のモンスター効果を適用できますか?

自分のモンスターゾーンに「クロノグラフ・マジシャン」1体と、「星刻の魔術師」2体が表側表示で存在しています。この状況で、相手の「サンダー・ブレイク」の効果によって、「クロノグラフ・マジシャン」が破壊される場合、2体の「星刻の魔術師」の『②:1ターンに1度、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事ができる』モンスター効果をそれぞれ適用する事はできますか?


ペンデュラム効果
「クロノグラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分メインフェイズに発動できる。このカードを破壊し、手札・デッキから「時読みの魔術師」1体を選び、自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
■『①:自分メインフェイズに発動できる。このカードを破壊し、手札・デッキから「時読みの魔術師」1体を選び、自分のPゾーンに置くか特殊召喚する』ペンデュラム効果は、チェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。自分のメインフェイズにのみ発動する事ができる効果です。)
■『このカードを破壊し』の処理と、『手札・デッキから「時読みの魔術師」1体を選び、自分のPゾーンに置くか特殊召喚する』処理は同時に行われる扱いとなります。
■自分の手札または自分のデッキに「時読みの魔術師」が存在しない場合、「クロノグラフ・マジシャン」のペンデュラム効果を発動する事はできません。
2016-12-23
カードテキスト
①:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、手札からモンスター1体を特殊召喚できる。②:フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
■『①:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、手札からモンスター1体を特殊召喚できる』モンスター効果は、手札にて発動する誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動する事ができます。)
■『このカードを手札から特殊召喚する』処理と、『その後、手札からモンスター1体を特殊召喚できる』処理は同時に行われる扱いではありません。
■『このカードを手札から特殊召喚する』処理は必ず行いますが、『その後、手札からモンスター1体を特殊召喚できる』処理は行わないとする事もできます。
■『②:フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する』モンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。)
■『「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する』モンスター効果を発動する際に、コストとして、効果を発動したモンスターゾーンに表側表示で存在する「クロノグラフ・マジシャン」自身と、自分の手札・自分フィールド・自分の墓地のいずれかから「ペンデュラム・ドラゴン」と名のついたモンスター1体、「エクシーズ・ドラゴン」と名のついたモンスター1体、「シンクロ・ドラゴン」と名のついたモンスター1体、「フュージョン・ドラゴン」と名のついたモンスター1体、合計5体のモンスターを除外します。

カードテキスト
レベル4「魔術師」Pモンスター×2
このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分のデッキ・墓地のモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。②:1ターンに1度、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
■『このカードは上記のカードをX素材にしたX召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる』は効果の扱いではありません。
■エクストラデッキから一度特殊召喚された後に墓地へ送られている場合、「死者蘇生」等の効果によって特殊召喚する事はできます。
■『①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分のデッキ・墓地のモンスター及び自分のエクストラデッキの表側表示のPモンスターの中から、魔法使い族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える』モンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。)
■『②:1ターンに1度、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分のデッキから魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事ができる』モンスター効果は永続効果です。(ダメージステップでも適用する事ができます。)

カードテキスト
①:手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
■フィールドのカード1枚を対象に取る効果です。
■対象となるカードは自分・相手フィールドのどちらから選択する事もできます。また、対象となるカードはモンスター・魔法・罠のいずれから選択する事もできます。
■発動する際に、コストとして、手札を1枚捨てます。
■ダメージステップに発動する事はできません。

続きを読む #遊戯王裁定クイズ ペンデュラムモンスターカードが破壊される際に、2体の「星刻の魔術師」のモンスター効果を適用できますか?

#遊戯王裁定クイズ 「エクシーズ・ユニバース」の効果処理時に対象となったモンスターが裏側守備表示になっている場合、どうなりますか?

エクシーズ・ユニバース」を発動し、「ラヴァルバル・チェイン」と「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」の2体を対象としました。その発動にチェーンして「月の書」が発動し、「ラヴァルバル・チェイン」が裏側守備表示になった場合、「エクシーズ・ユニバース」の『選択したモンスター2体を墓地へ送る。その後、そのエクシーズモンスター2体のランクの合計と同じか1つ低いランクを持つ、「No.」と名のついたモンスター以外のエクシーズモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚し、このカードを下に重ねてエクシーズ素材とする。このカードを発動したターン、相手が受ける全てのダメージは0になる』効果の処理はどうなりますか?

カードテキスト
①:フィールドのXモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスター2体を墓地へ送る。その後、そのXモンスター2体のランクの合計と同じか1つ低いランクを持つ、「No.」モンスター以外のXモンスター1体をEXデッキから特殊召喚し、このカードを下に重ねてX素材とする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
■自分及び相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するエクシーズモンスターの中から合計2体を対象に取って発動します。(自分のモンスターゾーンに存在するエクシーズモンスター2体を選択する事もできますし、自分と相手のモンスターゾーンのエクシーズモンスター1体ずつを選択する事もできます。)
■対象となるエクシーズモンスター2体は、そのランクの合計が、自分のエクストラデッキに存在する、「No.」と名のついたモンスター以外のエクシーズモンスターのランクに対応(同じまたは1つ低い)するように選択しなければなりません。(自分のエクストラデッキに対応するランクのエクシーズモンスターが存在しないなど、処理を行えないモンスターを対象とする事はできません。)
■ダメージステップに発動する事はできません。
■このカードの効果で特殊召喚されるエクシーズモンスターはエクシーズ召喚された扱いではありません。(その後に「死者蘇生」等で特殊召喚する事はできません。)
■「エクシーズ・ユニバース」の発動や効果が無効になった場合には、『相手が受けるダメージは0になる』効果は適用されません。

カードテキスト
レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。●デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。●デッキからモンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
■「ラヴァルバル・チェイン」の効果は起動効果です。
■効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。
■効果を発動する際に、どちらの『●』の効果として発動するかを選びます。
■どちらの『●』の効果も対象を取る効果ではありません。

カードテキスト
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。次の相手ターン終了時まで、宣言した種類のカードをお互いに発動できない。
■「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」のモンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。)
■効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。
■効果を発動する際に、カードの種類(モンスター・魔法・罠)のいずれか1つを宣言します。
■魔法または罠を宣言して発動した「No.16 色の支配者ショック・ルーラー」のモンスター効果が適用されている場合、行えなくなるのは魔法または罠カードのカードの発動のみとなります。(魔法または罠カードの効果の発動を行う事はできます。)

カードテキスト
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
■自分または相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■対象となるモンスターは自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます。また、対象となるモンスターは、表側攻撃表示・表側守備表示のモンスターどちらから選択する事もできます。
■リンクモンスターやモンスタートークンを対象として発動する事はできません。
■ダメージステップに発動する事はできません。

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「エクシーズ・ユニバース」の効果処理時に対象となったモンスターが裏側守備表示になっている場合、どうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ モンスターゾーンに空きが2つ以下の場合、「ABC-ドラゴン・バスター」のユニオンモンスターを特殊召喚するモンスター効果を発動できますか?

自分のモンスターゾーンの空きが2つ以下の場合、「ABC-ドラゴン・バスター」の『②:相手ターンにこのカードをリリースし、除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果を発動する事はできますか?

カードテキスト
「A-アサルト・コア」+「B-バスター・ドレイク」+「C-クラッシュ・ワイバーン」
自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:相手ターンにこのカードをリリースし、除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を1体ずつ対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
■「ABC-ドラゴン・バスター」は「融合」の効果によって、融合召喚する事はできません。テキストに記載された方法によってのみ、エクストラデッキから特殊召喚する事ができます。
■「ABC-ドラゴン・バスター」をテキストに記載された方法でエクストラデッキから特殊召喚する際に、チェーンブロックは作られません。
■テキストに記された方法によって特殊召喚されているのであれば、その後に墓地へ送られた場合でも「死者蘇生」の効果で特殊召喚する事はできます。
■『①:1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果は誘発即時効果です。(フィールドのカード1枚を対象に取る効果です。この効果を発動する際に、コストとして、手札を1枚捨てます。また、ダメージステップに発動する事はできません。)
■『②:相手ターンにこのカードをリリースし、除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を1体ずつ対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』モンスター効果は誘発即時効果です。(除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類、合計3体のモンスターを対象に取る効果です。この効果を発動する際に、コストとして、「ABC-ドラゴン・バスター」自身をリリースします。また、ダメージステップに発動する事はできません。)

続きを読む #遊戯王裁定クイズ モンスターゾーンに空きが2つ以下の場合、「ABC-ドラゴン・バスター」のユニオンモンスターを特殊召喚するモンスター効果を発動できますか?

#遊戯王裁定クイズ エンドフェイズに発動した「ファイヤークラッカー」のモンスター効果の処理時に、「ファイヤークラッカー」自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

自分のモンスターゾーンに「ファイヤークラッカー」が表側表示で存在し、自身の『②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く』モンスター効果によって置かれたカウンターが4つある状態です。この状況で、エンドフェイズに発動した、「ファイヤークラッカー」の『③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える』モンスター効果にチェーンして、「月の書」が発動し、「ファイヤークラッカー」自身が裏側守備表示になった場合、効果処理はどうなりますか?

カードテキスト
「ファイヤークラッカー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨てて発動できる。相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える。
■『①:このカードを手札から捨てて発動できる。相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果は、手札にて発動する誘発即時効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、手札の「ファイヤークラッカー」自身を捨てます。また、ダメージステップに発動する事はできません。
■『相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする』モンスター効果は相手にダメージを与える処理にて完了した扱いとなります。(『次の自分ドローフェイズをスキップする』効果もただちに適用されます。)
■『②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く』モンスター効果は永続効果です。(ダメージステップにて相手が効果ダメージを受けた際にもカウンターが置かれます。)
■『③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。自分及び相手のエンドフェイズに1度のみ発動する効果です。)
■『このカードのカウンターを全て取り除き』の処理と、『その数×300ダメージを相手に与える』処理は同時に行われる扱いとなります。
カードテキスト
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
■自分または相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■対象となるモンスターは自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます。また、対象となるモンスターは、表側攻撃表示・表側守備表示のモンスターどちらから選択する事もできます。
■リンクモンスターやモンスタートークンを対象として発動する事はできません。
■ダメージステップに発動する事はできません。

続きを読む #遊戯王裁定クイズ エンドフェイズに発動した「ファイヤークラッカー」のモンスター効果の処理時に、「ファイヤークラッカー」自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ 「超重武者ダイ-8」のモンスター効果の処理時に、自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

自分のモンスターゾーンに表側守備表示で存在する「超重武者ダイ-8」が、『③:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える』モンスター効果を発動しました。その発動にチェーンして「月の書」が発動し、「超重武者ダイ-8」自身が裏側守備表示になった場合、処理はどうなりますか?


カードテキスト
「超重武者ダイ-8」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。このカードの表示形式を変更する。②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。③:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える。
■『①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。このカードの表示形式を変更する』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。また、ダメージステップにて発動する事もできます。)
■『②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う』モンスター効果は永続効果です。(対象を取る効果ではありません。)
■『③:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える』モンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。)
■『自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし』の処理と、『デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える』処理は同時に行われる扱いとなります。
■『自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える』モンスター効果は、「超重武者ダイ-8」自身がモンスターゾーンに表側守備表示で存在しない場合には発動する事はできません。
■『自分フィールドの表側守備表示のこのカードを攻撃表示にし、デッキから「超重武者装留」モンスター1体を手札に加える』モンスター効果は、自分のデッキに「超重武者装留」と名のついたモンスターが存在しない場合には発動する事はできません。

カードテキスト
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
■自分または相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■対象となるモンスターは自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます。また、対象となるモンスターは、表側攻撃表示・表側守備表示のモンスターどちらから選択する事もできます。
■リンクモンスターやモンスタートークンを対象として発動する事はできません。
■ダメージステップに発動する事はできません。
2017-03-25

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「超重武者ダイ-8」のモンスター効果の処理時に、自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ 自分の裏側守備表示の「EM」と名のついたモンスターが相手モンスターに攻撃された場合、「EMバラード」のペンデュラム効果を発動できますか?

自分のモンスターゾーンに裏側守備表示で存在する「EM」と名のついたモンスターが相手モンスターに攻撃されました。
この場合、「EMバラード」の『①:1ターンに1度、自分の「EM」モンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターの攻撃力は600ダウンする』ペンデュラム効果を発動する事はできますか?

ペンデュラム効果
①:1ターンに1度、自分の「EM」モンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターの攻撃力は600ダウンする。
■『①:1ターンに1度、自分の「EM」モンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターの攻撃力は600ダウンする』ペンデュラム効果は、チェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップ開始時に発動する効果となります。)
■自分モンスターゾーンに表側表示で存在する「EM」と名のついたモンスターと、相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスターが戦闘を行う場合にのみ発動する事ができます。
■「EMバラード」のペンデュラム効果によってダウンした攻撃力は、その相手モンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り適用されたままとなります。
2016-12-17
カードテキスト
①:自分の「EM」モンスターが攻撃したダメージ計算後に、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターの攻撃力は、その「EM」モンスターの攻撃力分ダウンする。
■『①:自分の「EM」モンスターが攻撃したダメージ計算後に、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターの攻撃力は、その「EM」モンスターの攻撃力分ダウンする』モンスター効果は誘発効果です。
■相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■「EMバラード」自身が攻撃を行ったダメージ計算後にも、「EMバラード」のモンスター効果を発動する事はできます。
■「EMバラード」のモンスター効果によってダウンした攻撃力は、その相手モンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り適用されたままとなります。
2016-12-17

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 自分の裏側守備表示の「EM」と名のついたモンスターが相手モンスターに攻撃された場合、「EMバラード」のペンデュラム効果を発動できますか?

#遊戯王裁定クイズ 「ヴェルズ・オピオン」の効果が適用されている場合、「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」をペンデュラム召喚できますか?

ヴェルズ・オピオン」の『エクシーズ素材を持っているこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない』効果が適用されている場合、自分のエクストラデッキにエクストラデッキに表側表示で置かれている「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」をペンデュラム召喚によって特殊召喚する事はできますか?

レベル4「ヴェルズ」モンスター×2
①:X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「侵略の」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
■『①:X素材を持っているこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない』モンスター効果は永続効果です。
■『お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない』モンスター効果は、「ヴェルズ・オピオン」自身がエクシーズ素材を1つ以上持った状態で、モンスターゾーンに表側表示で存在している間のみ適用される効果です。
■『②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから「侵略の」魔法・罠カード1枚を手札に加える』モンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。)
■自分のデッキに「侵略の」と名のついた魔法・罠カードが存在しない場合、『デッキから「侵略の」魔法・罠カード1枚を手札に加える』モンスター効果を発動する事はできません。

ペンデュラム効果
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
■『①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く』ペンデュラム効果はチェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。自分のメインフェイズにのみ発動する事ができる効果です。
■「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」のペンデュラム効果によって、ペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置く処理は魔法カードとしての発動が新たに行われる扱いではありません。(「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」のペンデュラム効果によってそのままペンデュラムゾーンへと置かれます。)
2019-12-21
カードテキスト
ドラゴン族レベル7モンスター×2
レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。①:このカードがXモンスターを素材としてX召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのレベル7以下のモンスターを全て破壊し、破壊した数×1000ダメージを相手に与える。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる。②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分のPゾーンのカードを全て破壊し、このカードを自分のPゾーンに置く。
■『レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる』はモンスターの効果の扱いではありません。「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」はエクシーズ召喚に成功した後にエクストラデッキに表側表示で加わっている場合、ペンデュラム召喚によって特殊召喚する事ができます。
■『①:このカードがXモンスターを素材としてX召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのレベル7以下のモンスターを全て破壊し、破壊した数×1000ダメージを相手に与える。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。「相克の魔術師」のペンデュラム効果などによって、エクシーズモンスターをエクシーズ素材として、「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」のエクシーズ召喚に成功した場合に必ず発動する効果です。)
■『相手フィールドのレベル7以下のモンスターを全て破壊し』の処理と、『破壊した数×1000ダメージを相手に与える』処理は同時に行われる扱いとなります。また、それらの処理にて完了した扱いとなります。(『このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回攻撃できる』処理もただちに適用されます。)
■『②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分のPゾーンのカードを全て破壊し、このカードを自分のPゾーンに置く』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動する事ができます。)
■「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」のモンスター効果によって、自身をペンデュラムゾーンに置く処理は魔法カードとしての発動が新たに行われる扱いではありません。(「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」のモンスター効果によって「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」自身がそのままペンデュラムゾーンへと置かれます。)

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「ヴェルズ・オピオン」の効果が適用されている場合、「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」をペンデュラム召喚できますか?

#遊戯王裁定クイズ 「デストーイ・リニッチ」の効果で、墓地の「エッジインプ・DTモドキ」を特殊召喚できますか?

デストーイ・リニッチ」の『①:自分の墓地の「デストーイ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』効果によって、墓地の「エッジインプ・DTモドキ」を特殊召喚する事はできますか?

カードテキスト
①:自分の墓地の「デストーイ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の、「ファーニマル」モンスターまたは「デストーイ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
■『①:自分の墓地の「デストーイ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する』効果は、「デストーイ・リニッチ」のカードの発動時の効果処理です。
■「デストーイ・リニッチ」のカードの発動の際に、自分の墓地の「デストーイ」と名のついたモンスター1体を対象として選択します。
■『②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の、「ファーニマル」モンスターまたは「デストーイ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない』効果は、墓地にて発動し、チェーンブロックの作られる効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、墓地の「デストーイ・リニッチ」自身を除外します。自分メインフェイズにのみ発動する事ができる効果です。)
■墓地にて発動する「デストーイ・リニッチ」の効果は、除外されている自分の「ファーニマル」と名のついたモンスター1体、または、除外されている自分の「デストーイ」と名のついたモンスター1体を対象に取る効果です。
2016-12-17

カードテキスト
このカードはルール上「デストーイ」カードとしても扱う。「エッジインプ・DTモドキ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分のフィールド・墓地の「デストーイ」融合モンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力・守備力はターン終了時まで、そのモンスターの元々の数値と同じになる。
■『このカードはルール上「デストーイ」カードとしても扱う』はモンスターの効果の扱いではありません。フィールド以外でも、「デストーイ」と名のついたカードとして扱われます。
■このカードは「デストーイ」と名のついたモンスターとして扱われますので、「デストーイ・マッド・キマイラ」の融合素材モンスターとする事ができます。また、「縫合蘇生」の効果によって墓地から特殊召喚する事もできます。
■『①:自分のフィールド・墓地の「デストーイ」融合モンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力・守備力はターン終了時まで、そのモンスターの元々の数値と同じになる』モンスター効果は、起動効果です。(自分フィールドに表側表示で存在する「デストーイ」と名のついた融合モンスターか、自分の墓地に存在する「デストーイ」と名のついた融合モンスターのいずれか1体を対象に取る効果です。)
■「エッジインプ・DTモドキ」の効果を発動した場合、対象のモンスターの攻撃力・守備力のそれぞれの数値と同じになります。「デストーイ・シザー・ベアー」を対象とした場合、「エッジインプ・DTモドキ」の攻撃力は2200、守備力は1800になります。
2015-02-14

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「デストーイ・リニッチ」の効果で、墓地の「エッジインプ・DTモドキ」を特殊召喚できますか?

#遊戯王裁定クイズ 「ヨコシマウマ」のモンスター効果やペンデュラム効果で指定したゾーンに、効果処理時にカードが存在する場合、処理はどうなりますか?

ヨコシマウマ」の『①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない』モンスター効果の発動にチェーンして「リビングデッドの呼び声」が発動し、指定されたモンスターゾーンにモンスターが特殊召喚されている場合、処理はどうなりますか?また、「ヨコシマウマ」の『①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのカードがPゾーンに存在する間は使用できない』ペンデュラム効果の発動にチェーンして「リビングデッドの呼び声」が発動し、指定されたモンスターゾーンにモンスターが特殊召喚されている場合、処理はどうなりますか?

ペンデュラム効果
①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのカードがPゾーンに存在する間は使用できない。
■『①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのカードがPゾーンに存在する間は使用できない』ペンデュラム効果は、チェーンブロックの作られる効果です。
■「ヨコシマウマ」のペンデュラム効果は対象を取る効果ではありません。使用していないモンスターゾーン1ヵ所か、使用していない魔法&罠ゾーン1ヵ所を発動の際に指定します。
■「ヨコシマウマ」自身をペンデュラムゾーンに魔法カードとして発動した自分のターンのメインフェイズに1度のみ発動する事ができる効果です。■『使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる』の『モンスターゾーン』は『メインモンスターゾーン』に読み替えます。 (2017年3月25日より適用)
2017-03-24
カードテキスト
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
■『①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない』モンスター効果は誘発効果です。(ダメージステップでも発動する事ができます。)
■「ヨコシマウマ」のモンスター効果は対象を取る効果ではありません。使用していないモンスターゾーン1ヵ所か、使用していない魔法&罠ゾーン1ヵ所を発動の際に指定します。
■チェーン2以降に発動した「血の代償」や「リビングデッドの呼び声」の効果によって、召喚・特殊召喚に成功した場合でも、「ヨコシマウマ」のモンスター効果を発動する事ができます。■『使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる』の『モンスターゾーン』は『メインモンスターゾーン』に読み替えます。 (2017年3月25日より適用)

カードテキスト
①:自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。
■自分の墓地に存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■ダメージステップにこのカードを発動する事はできません。
■『このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される』処理にチェーンブロックは作られません。(ダメージステップでも適用されます。)
■『そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される』処理にチェーンブロックは作られません。(ダメージステップでも適用されます。)

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「ヨコシマウマ」のモンスター効果やペンデュラム効果で指定したゾーンに、効果処理時にカードが存在する場合、処理はどうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ 「十二獣の相剋」の効果によって、裏側守備表示のエクシーズモンスターのエクシーズ素材を取り除けますか?

「十二獣」と名のついたエクシーズモンスターがモンスター効果を発動する際に、「十二獣の相剋」の『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の「十二獣」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、取り除くX素材を自分フィールドの他のXモンスターから取り除く事ができる』効果を適用する場合、自分のモンスターゾーンに裏側守備表示で存在するエクシーズモンスターからエクシーズ素材を代わりに取り除く事はできますか?

カードテキスト
「十二獣の相剋」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の「十二獣」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、取り除くX素材を自分フィールドの他のXモンスターから取り除く事ができる。②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター2体を対象として発動できる。対象のモンスターの1体を、もう1体の下に重ねてX素材とする。
■「十二獣の相剋」のカードの発動のみは、ダメージステップ以外であればいつでも行う事ができます。
■『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の「十二獣」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、取り除くX素材を自分フィールドの他のXモンスターから取り除く事ができる』効果はチェーンブロックの作られない効果です。(ダメージステップでも適用する事ができます。)
■『②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「十二獣」Xモンスター2体を対象として発動できる。対象のモンスターの1体を、もう1体の下に重ねてX素材とする』効果は墓地にて発動し、チェーンブロックの作られる効果です。(この効果を発動する際に、コストとして、墓地の「十二獣の相剋」自身を除外します。ダメージステップに発動する事はできません。)
■『対象のモンスターの1体を、もう1体の下に重ねてX素材とする』効果は、自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「十二獣」と名のついたエクシーズモンスター2体を対象に取る効果です。(対象とした2体のモンスターの内、どちらのエクシーズモンスターをエクシーズ素材とするかは効果処理時に選びます。)
2017-01-07

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「十二獣の相剋」の効果によって、裏側守備表示のエクシーズモンスターのエクシーズ素材を取り除けますか?

#遊戯王裁定クイズ 相手のモンスターゾーンに空きがない場合、自分は墓地の「ダイヤモンドダストン」の効果を発動できますか?

相手のモンスターゾーンに空きがない場合、自分は墓地の「ダイヤモンドダストン」の『②:このカードが墓地に存在する場合に1度だけ、自分の墓地の「ダストン」モンスター1体を除外して発動できる。このカードは通常モンスター(悪魔族・闇・星1・攻0/守1000)となり、相手のモンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードはリリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない』効果を発動する事はできますか?

カードテキスト
①:フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。その破壊されたカードの数だけ、デッキから「ダストン」モンスターを選んで自分・相手フィールドに特殊召喚する。②:このカードが墓地に存在する場合に1度だけ、自分の墓地の「ダストン」モンスター1体を除外して発動できる。このカードは通常モンスター(悪魔族・闇・星1・攻0/守1000)となり、相手のモンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードはリリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない。
■『①:フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。その破壊されたカードの数だけ、デッキから「ダストン」モンスターを選んで自分・相手フィールドに特殊召喚する』効果は、「ダイヤモンドダストン」のカードの発動の際の効果処理です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動する事ができます。)
■チェーン2以降に発動したカードの効果によって、フィールドのカードが破壊された場合に、「ダイヤモンドダストン」のカードの発動を行う事はできません。
■『その破壊されたカードの数だけ、デッキから「ダストン」モンスターを選んで自分・相手フィールドに特殊召喚する』効果によって特殊召喚する「ダストン」と名のついたモンスターは効果処理時に選びます。また、自分のモンスターゾーンと相手のモンスターゾーンのどちらに特殊召喚するかも効果処理時に選びます。
■『②:このカードが墓地に存在する場合に1度だけ、自分の墓地の「ダストン」モンスター1体を除外して発動できる。このカードは通常モンスター(悪魔族・闇・星1・攻0/守1000)となり、相手のモンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。この効果で特殊召喚したこのカードはリリースできず、融合・S・X召喚の素材にもできない』効果は墓地にて発動し、チェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、自分の墓地の「ダストン」と名のついたモンスター1体を除外します。また、ダメージステップに発動する事はできません。)
2017-01-07

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 相手のモンスターゾーンに空きがない場合、自分は墓地の「ダイヤモンドダストン」の効果を発動できますか?

#遊戯王裁定クイズ 「アルティマヤ・ツィオルキン」のシンクロモンスターを特殊召喚する効果の処理時に、自身がフィールドに表側表示で存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?

アルティマヤ・ツィオルキン」の『①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する』効果の発動にチェーンした「月の書」や「強制脱出装置」の効果によって、効果を発動した「アルティマヤ・ツィオルキン」自身がフィールドに表側表示で存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?


ルール上、このカードのレベルは12として扱う。このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。②:フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない。
■『ルール上、このカードのレベルは12として扱う』は効果の扱いではありません。
■『このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる』は効果の扱いではありません。「アルティマヤ・ツィオルキン」はこの方法でのみ特殊召喚する事ができます。(「死者蘇生」等の効果によって墓地から特殊召喚する事はできません。また、「アルティマヤ・ツィオルキン」を特殊召喚する際にチェーンブロックは作られません。また、特殊召喚を行う際の手順として、テキストに記されたモンスターを墓地へ送り、特殊召喚する事になりますので、モンスターを墓地へ送る事と特殊召喚は同時に行われる扱いではありません。)
■『①:1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップにて発動する事はできません。この効果によって特殊召喚されたモンスターは正規の手順によって特殊召喚された扱いではありません。)
■チェーン2以降に発動したカードの効果によって魔法・罠カードが自分フィールドにセットされた場合、『「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する』モンスター効果を発動する事ができません。
■『②:フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない』モンスター効果は永続効果です。(自分・相手のカード、どちらの効果の対象にもなりません。)

①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
■自分または相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■対象となるモンスターは自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます。また、対象となるモンスターは、表側攻撃表示・表側守備表示のモンスターどちらから選択する事もできます。
■リンクモンスターやモンスタートークンを対象として発動する事はできません。
■ダメージステップに発動する事はできません。

①:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
■モンスターゾーンに存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■対象となるモンスターは、自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます。
■対象となるモンスターは、表側表示・裏側表示のどちらから選択する事もできます。
■ダメージステップに発動する事はできません。

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「アルティマヤ・ツィオルキン」のシンクロモンスターを特殊召喚する効果の処理時に、自身がフィールドに表側表示で存在しなくなっている場合、処理はどうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ 「影武者狸トークン」を素材として、「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を特殊召喚した場合、『融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える』効果はどうなりますか?

No.64 古狸三太夫」の効果によって特殊召喚された「影武者狸トークン」を融合素材として、「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を融合召喚した場合、『①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える』効果はどうなりますか?

また、「No.64 古狸三太夫」の効果によって特殊召喚された「影武者狸トークン」をリリースして、『●』の方法によって「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を特殊召喚した場合、『①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える』効果はどうなりますか?


獣族レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールド上に「影武者狸トークン」(獣族・地・星1・攻?/守0)1体を特殊召喚する。このトークンの攻撃力は、このトークンの特殊召喚時にフィールド上に存在する攻撃力が一番高いモンスターと同じ攻撃力になる。自分フィールド上にこのカード以外の獣族モンスターが存在する限り、このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない。
■『1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールド上に「影武者狸トークン」(獣族・地・星1・攻?/守0)1体を特殊召喚する。このトークンの攻撃力は、このトークンの特殊召喚時にフィールド上に存在する攻撃力が一番高いモンスターと同じ攻撃力になる』モンスター効果は起動効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除きます。)
■『自分フィールド上に「影武者狸トークン」(獣族・地・星1・攻?/守0)1体を特殊召喚する』モンスター効果は、トークンを特殊召喚する処理にて完了した扱いとなります。(特殊召喚されたトークンには、『このトークンの攻撃力は、このトークンの特殊召喚時にフィールド上に存在する攻撃力が一番高いモンスターと同じ攻撃力になる』処理がただちに適用されます。)
■「影武者狸トークン」の攻撃力は、「影武者狸トークン」がモンスターゾーンに存在する限り適用されたままとなります。(その後に、モンスターゾーンに存在する他のモンスターの攻撃力が変化したとしても、「影武者狸トークン」の攻撃力が変化するという事はありません。 )
■『自分フィールド上にこのカード以外の獣族モンスターが存在する限り、このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されない』モンスター効果は永続効果です。

ドラゴン族・闇属性モンスター+獣族モンスター
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。●自分フィールドの上記カードをリリースした場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
■「融合」等を発動し、ドラゴン族・闇属性モンスターと獣族モンスターを融合素材として融合召喚を行う方法と、自分フィールドのドラゴン族・闇属性モンスターと獣族モンスターをリリースして特殊召喚を行う方法、2種類の方法によって特殊召喚が可能なモンスターです。(どちらも正規の手順で特殊召喚された扱いとなります。)
■「融合」等を使用する場合は、その発動した「融合」等の効果処理にて融合召喚が行われますが、自分フィールドのドラゴン族・闇属性モンスターと獣族モンスターをリリースして特殊召喚を行う場合、その特殊召喚にチェーンブロックは作られません。
■『①:このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動する。このカードの融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップ終了時に必ず発動する効果です。)
■同じ攻撃力のモンスターと戦闘を行い、お互いに破壊されているような場合には効果を発動する事はできません。

続きを読む #遊戯王裁定クイズ 「影武者狸トークン」を素材として、「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を特殊召喚した場合、『融合素材とした獣族モンスター1体の元々の攻撃力分のダメージを相手に与える』効果はどうなりますか?

#遊戯王裁定クイズ「竜呼相打つ」の発動にチェーンして「御前試合」が発動した場合、処理はどうなりますか?

自分の「竜呼相打つ」の発動にチェーンして相手が「御前試合」を発動しました。この場合、『①:デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える』処理はどのように行いますか?

カードテキスト
「竜呼相打つ」は1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える。
■対象を取る効果ではありません。
■ダメージステップに発動する事はできません。
■自分のデッキに「竜剣士」と名のついたペンデュラムモンスターと、「竜魔王」と名のついたペンデュラムモンスターが、それぞれ1体以上存在していない場合には、「竜呼相打つ」を発動する事自体ができません。
■『相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する』処理と『残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える』処理は同時に行われる扱いとなります。

カードテキスト
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。
■「御前試合」のカードの発動は、ダメージステップ以外であればいつでも行う事ができます。
■「御前試合」の効果は属性を宣言する効果ではありません。「御前試合」の効果が適用されている場合、『お互いのプレイヤーはフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない』状態になります。
■自身のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在する場合、そのモンスターと属性が異なるモンスターを召喚・特殊召喚する事はできません。
■「御前試合」のカードの発動が行われた際や、自身のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在する状況で属性が異なるモンスターがリバースした場合などに、『お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない』処理が行われます。(この処理にチェーンブロックは作られません。ダメージステップでも適用されます。)

続きを読む #遊戯王裁定クイズ「竜呼相打つ」の発動にチェーンして「御前試合」が発動した場合、処理はどうなりますか?

「スピリット・バーナー」が墓地に複数枚存在する場合、通常ドローを行う代わりに全てを手札に加える事ができますか?

スピリット・バーナー」が墓地に複数枚存在する場合、ドローフェイズの通常のドローを行う代わりに手札に加える効果によって、複数枚の「スピリット・バーナー」を手札に加える事ができますか?



「スピリット・バーナー」
1ターンに1度、装備モンスターを守備表示にする事ができる。装備モンスターがフィールド上から手札に戻る事によってこのカードが墓地へ送られた時、相手ライフに600ポイントダメージを与える。このカードが墓地に存在する場合、自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、このカードを手札に加える事ができる。
■『1ターンに1度、装備モンスターを守備表示にする事ができる』効果はチェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。自分のターンのメインフェイズにのみ発動する事ができます。)
■『装備モンスターがフィールド上から手札に戻る事によってこのカードが墓地へ送られた時、相手ライフに600ポイントダメージを与える』効果は、墓地にて発動し、チェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。ダメージステップでも発動します。)
■『このカードが墓地に存在する場合、自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、このカードを手札に加える事ができる』効果は、墓地にて発動し、チェーンブロックの作られる効果です。(対象を取る効果ではありません。自分のターンのドローフェイズで、通常のドローを行う前に発動する事ができる効果です。)
■自分のデッキが0枚の場合、墓地の「スピリット・バーナー」の『自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、このカードを手札に加える事ができる』効果を発動する事はできません。

続きを読む 「スピリット・バーナー」が墓地に複数枚存在する場合、通常ドローを行う代わりに全てを手札に加える事ができますか?

「禁止令」で融合モンスターや融合素材モンスターのカード名が宣言された場合、「未来融合-フューチャー・フュージョン」の処理はどうなりますか?

禁止令」の効果によって、.融合モンスターのカード名や、その融合素材モンスターの内の1体となるモンスターのカード名が宣言されている場合、「未来融合-フューチャー・フュージョン」のカードの発動は行えますか?また、「禁止令」の効果が適用されている場合に、「未来融合-フューチャー・フュージョン」の『①:このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る』効果や、『②:このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。このカードの①の効果で確認したモンスターと同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する』効果を発動する事はできますか?


 

カードテキスト
カード名を1つ宣言してこのカードを発動できる。①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、宣言されたカード名を元々のカード名とするお互いのカードに以下を適用する(この効果の適用前からフィールドに存在するカードには適用されない)。
●フィールドに出す事ができない。
●カードの発動及び効果の発動と適用ができない。
●通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
●攻撃及び表示形式の変更ができない。
●素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない。
■「禁止令」のカードの発動の際に、カード名を1つ宣言します。
■『①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、宣言されたカード名を元々のカード名とするお互いのカードに以下を適用する(この効果の適用前からフィールドに存在するカードには適用されない)』効果はチェーンブロックの作られない効果です。
■『●フィールドに出す事ができない』は、宣言されたカード名が魔法・罠カードの場合、そのカードをフィールドにセットする事なども含まれます。
■『●カードの発動及び効果の発動と適用ができない』は、宣言されたカード名が魔法・罠カードの場合、そのカードの発動だけではなく、効果の発動なども含まれます。
■『●通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない』は、そのモンスターを裏側守備表示で通常召喚・特殊召喚する事が含まれます。
■『●攻撃及び表示形式の変更ができない』は、カードの効果による表示形式の変更は含まれません。
■『●素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない』は、融合・シンクロ・エクシーズ・リンク召喚などが含まれます。

カードテキスト
①:このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。②:このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。このカードの①の効果で確認したモンスターと同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。
■『①:このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る』効果はチェーンブロックの作られる効果です。(「未来融合-フューチャー・フュージョン」自身のカードの発動時の処理ではありません。「未来融合-フューチャー・フュージョン」のカードの発動が行われた後、1回目の自分スタンバイフェイズに発動する効果です。対象を取る効果ではありません。)
■自分のエクストラデッキの融合モンスターは、『自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る』処理を行う際に選びます。(「未来融合-フューチャー・フュージョン」のカードの発動時には選びません。)
■『②:このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。このカードの①の効果で確認したモンスターと同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される』効果はチェーンブロックの作られる効果です。(「未来融合-フューチャー・フュージョン」のカードの発動が行われた後、2回目の自分スタンバイフェイズに発動する効果です。対象を選択して発動する効果ではありませんが、『このカードの①の効果で確認したモンスターと同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する』処理によって特殊召喚された融合モンスターは対象に取り続ける事になります。)
■『このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される』処理、『そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される』処理が適用される際に、チェーンブロックは作られません。(ダメージステップでも適用されます。)

続きを読む 「禁止令」で融合モンスターや融合素材モンスターのカード名が宣言された場合、「未来融合-フューチャー・フュージョン」の処理はどうなりますか?