#遊戯王裁定クイズ「竜呼相打つ」の発動にチェーンして「御前試合」が発動した場合、処理はどうなりますか?

自分の「竜呼相打つ」の発動にチェーンして相手が「御前試合」を発動しました。この場合、『①:デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える』処理はどのように行いますか?

カードテキスト
「竜呼相打つ」は1ターンに1枚しか発動できない。①:デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える。
■対象を取る効果ではありません。
■ダメージステップに発動する事はできません。
■自分のデッキに「竜剣士」と名のついたペンデュラムモンスターと、「竜魔王」と名のついたペンデュラムモンスターが、それぞれ1体以上存在していない場合には、「竜呼相打つ」を発動する事自体ができません。
■『相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する』処理と『残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える』処理は同時に行われる扱いとなります。

カードテキスト
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。
■「御前試合」のカードの発動は、ダメージステップ以外であればいつでも行う事ができます。
■「御前試合」の効果は属性を宣言する効果ではありません。「御前試合」の効果が適用されている場合、『お互いのプレイヤーはフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない』状態になります。
■自身のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在する場合、そのモンスターと属性が異なるモンスターを召喚・特殊召喚する事はできません。
■「御前試合」のカードの発動が行われた際や、自身のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在する状況で属性が異なるモンスターがリバースした場合などに、『お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない』処理が行われます。(この処理にチェーンブロックは作られません。ダメージステップでも適用されます。)

Answer

自分の「竜呼相打つ」の効果処理時に「御前試合」の効果が適用されている場合、自分フィールドの状況によって、以下のように処理を行います。●自分のペンデュラムゾーンに空きがあり、自分のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在しない場合…「竜呼相打つ」の効果処理は適用されます。(相手がランダムに選んだ1体はペンデュラムゾーンに置くか、モンスターゾーンに特殊召喚されるかを選べます。)●自分のペンデュラムゾーンに空きがあり、自分のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在する場合…「竜呼相打つ」の効果処理は適用されます。(自分のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスターの属性と異なる属性のモンスターが特殊召喚できませんので、相手がランダムに選んだ1体はペンデュラムゾーンに置かれる事になります。)

●自分のペンデュラムゾーンに空きがなく、自分のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在しない場合…「竜呼相打つ」の効果処理は適用されます。(自分のペンデュラムゾーンに空きがありませんので、相手がランダムに選んだ1体はモンスターゾーンに特殊召喚される事になります。)

●自分のペンデュラムゾーンに空きがなく、自分のモンスターゾーンに表側表示のモンスターが存在する場合…「竜呼相打つ」の効果処理は適用されません。(デッキからモンスターを選ぶ事も行いません。)

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>