#遊戯王裁定クイズ 「ヨコシマウマ」のモンスター効果やペンデュラム効果で指定したゾーンに、効果処理時にカードが存在する場合、処理はどうなりますか?

ヨコシマウマ」の『①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない』モンスター効果の発動にチェーンして「リビングデッドの呼び声」が発動し、指定されたモンスターゾーンにモンスターが特殊召喚されている場合、処理はどうなりますか?また、「ヨコシマウマ」の『①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのカードがPゾーンに存在する間は使用できない』ペンデュラム効果の発動にチェーンして「リビングデッドの呼び声」が発動し、指定されたモンスターゾーンにモンスターが特殊召喚されている場合、処理はどうなりますか?

ペンデュラム効果
①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのカードがPゾーンに存在する間は使用できない。
■『①:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに1度だけ、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのカードがPゾーンに存在する間は使用できない』ペンデュラム効果は、チェーンブロックの作られる効果です。
■「ヨコシマウマ」のペンデュラム効果は対象を取る効果ではありません。使用していないモンスターゾーン1ヵ所か、使用していない魔法&罠ゾーン1ヵ所を発動の際に指定します。
■「ヨコシマウマ」自身をペンデュラムゾーンに魔法カードとして発動した自分のターンのメインフェイズに1度のみ発動する事ができる効果です。■『使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる』の『モンスターゾーン』は『メインモンスターゾーン』に読み替えます。 (2017年3月25日より適用)
2017-03-24
カードテキスト
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
■『①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない』モンスター効果は誘発効果です。(ダメージステップでも発動する事ができます。)
■「ヨコシマウマ」のモンスター効果は対象を取る効果ではありません。使用していないモンスターゾーン1ヵ所か、使用していない魔法&罠ゾーン1ヵ所を発動の際に指定します。
■チェーン2以降に発動した「血の代償」や「リビングデッドの呼び声」の効果によって、召喚・特殊召喚に成功した場合でも、「ヨコシマウマ」のモンスター効果を発動する事ができます。■『使用していないモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる』の『モンスターゾーン』は『メインモンスターゾーン』に読み替えます。 (2017年3月25日より適用)

カードテキスト
①:自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。
■自分の墓地に存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■ダメージステップにこのカードを発動する事はできません。
■『このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される』処理にチェーンブロックは作られません。(ダメージステップでも適用されます。)
■『そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される』処理にチェーンブロックは作られません。(ダメージステップでも適用されます。)

Answer
ヨコシマウマ」のモンスター効果やペンデュラム効果によって指定されたモンスターゾーンに、その効果処理時にモンスターが特殊召喚されている場合でも、「ヨコシマウマ」の効果処理は通常通り適用されます。その特殊召喚されたモンスターが破壊される等によってそのモンスターゾーンを離れた際には「ヨコシマウマ」の効果によって、そのモンスターゾーンは使用できないゾーンになります。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>