#遊戯王裁定クイズ エンドフェイズに発動した「ファイヤークラッカー」のモンスター効果の処理時に、「ファイヤークラッカー」自身が裏側守備表示になっている場合、処理はどうなりますか?

自分のモンスターゾーンに「ファイヤークラッカー」が表側表示で存在し、自身の『②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く』モンスター効果によって置かれたカウンターが4つある状態です。この状況で、エンドフェイズに発動した、「ファイヤークラッカー」の『③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える』モンスター効果にチェーンして、「月の書」が発動し、「ファイヤークラッカー」自身が裏側守備表示になった場合、効果処理はどうなりますか?

カードテキスト
「ファイヤークラッカー」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨てて発動できる。相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える。
■『①:このカードを手札から捨てて発動できる。相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする。この効果は相手ターンでも発動できる』モンスター効果は、手札にて発動する誘発即時効果です。(対象を取る効果ではありません。この効果を発動する際に、コストとして、手札の「ファイヤークラッカー」自身を捨てます。また、ダメージステップに発動する事はできません。
■『相手に1000ダメージを与え、次の自分ドローフェイズをスキップする』モンスター効果は相手にダメージを与える処理にて完了した扱いとなります。(『次の自分ドローフェイズをスキップする』効果もただちに適用されます。)
■『②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が効果ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く』モンスター効果は永続効果です。(ダメージステップにて相手が効果ダメージを受けた際にもカウンターが置かれます。)
■『③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのカウンターを全て取り除き、その数×300ダメージを相手に与える』モンスター効果は誘発効果です。(対象を取る効果ではありません。自分及び相手のエンドフェイズに1度のみ発動する効果です。)
■『このカードのカウンターを全て取り除き』の処理と、『その数×300ダメージを相手に与える』処理は同時に行われる扱いとなります。
カードテキスト
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
■自分または相手のモンスターゾーンに表側表示で存在するモンスター1体を対象に取る効果です。
■対象となるモンスターは自分・相手のモンスターゾーンのどちらから選択する事もできます。また、対象となるモンスターは、表側攻撃表示・表側守備表示のモンスターどちらから選択する事もできます。
■リンクモンスターやモンスタートークンを対象として発動する事はできません。
■ダメージステップに発動する事はできません。

Answer
質問の状況の場合、「月の書」の効果によって裏側守備表示になった事で、「ファイヤークラッカー」に置かれていたカウンターは全て取り除かれますので、『このカードのカウンターを全て取り除き』の効果処理によってカウンターを取り除く事ができません。この場合、『その数×300ダメージを相手に与える』処理によって相手にダメージを与える事はできません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>